ニャンバーワン|ペットの総合情報ポータルサイト二ャンバーワン|ペットの総合情報ポータルサイト

ニャンバーワン HOME >  日本人が包茎を嫌いになった日

日本人が包茎を嫌いになった日

すると、一人の男の存在が日本人と包茎の間に大きな壁を築く理由を作ったことが判明。 その男とは、「高須クリニック」の高須克弥院長です。 高須院長学生時代にドイツに留学した際に、海外の人達のペニスがかぶっていないのに対して、日本人のペニスは包茎が多いということに気づく。 そして、日本には割礼の風習がないことが包茎が多い原因であることを突き止める。 この時に包茎治療をビジネスとして確立することができたら、莫大な利益を生み出せるんじゃないかと考えるに至ったとのこと。 そして、日本に戻り大学を卒業後に形成外科医を経て、美容整形外科医に転身。 「包茎だと男じゃない」という強烈なキャッチコピーを使用した包茎手術の広告を出したことによって、今まで包茎を気にしたことがなかった日本中が包茎に注目するようになりました。 これが日本人の包茎嫌悪の始まりです。 高須院長の先見性の高さと目の付け所の良さは、商売人として非常に優れていますね。 巨人倍増 威哥王 シアリス 通販

ニックネーム 日本人が包茎を嫌いになった日